かるまるレディースデー 〜岩サウナとおしゃけアウフ編〜

大都会東京、池袋にサウナ好きを唸らせる施設がOPENしたのは2019年暮のこと

4つのサウナに4つの水風呂がある、とんでもない施設らしい

しかし我々はまたしても超えられない壁にいく手を阻まれてしまう

必殺!男・性・専・用‼︎

こうかはばつぐんだ…(涙ポロリ)
女泣かせの罪深い施設がまた増えた…

落胆する女性たちに、救いの手が差し伸べられたのは昨年10月(ドドン‼︎)

以後、定期的にレディースデーを開催してくれているんです‼︎

男性客だけでも繁盛している人気の施設が、
仕組みやアメニティをわざわざその日のためだけに女性向けにアレンジし、浴場内に女性スタッフのみを配置するっていうのは本当に有難いことです

しかも回を重ねるごとに、どんどん改良されて利用者の満足度も高まる一方なのだとか‼︎

仕事の繁忙期や、サウナ禁止weekと重なったりしてタイミングを逃してきましたが、今回ようやく参加できましたのでブログに書き留めます!

大作になってしまいそうなので、2回に分けてお届けします♪

予約方法

気になる予約ですが、かるまる公式Twitter(@karmaru_sauna)をフォローしておくと◎

  • 予約開始日に公式HPのリンクより予約
  • 10分刻みの入館時刻を選択して予約する
  • 15時ちょうど、16時ちょうど等はイベントの開催時刻と重なる可能性が高いので避けた方が無難かも(毎回とは限りませんが)
  • 入館時刻の1時間後の薪サウナ入室権利が自動付帯
  • 予約完了メールに、蒸しサウナやゲストによるアウフグースイベントの予約URLの記載があり、予約開始日時にそれぞれ予約

私の不注意で、予約と同時に付与される「入館1時間後の薪サウナ」と、アウフグースイベント開始時間の差が10分しかなくなってしまいまして…

ゲストアウフグースに参加ができなかったとしても、スタッフさんのアウフグースを1時間ごと24時まで開催してくださっていたのでご安心を!

かるまる、潜入します

いよいよレディースデー当日

かるまる方向に歩いて行く女性がみんなレディースデー参加者のように見えて無駄にそわそわ…

池袋駅のC6出口を出たら着いたも同然なんですが、
池袋の駅の広さと難儀さを加味して電車到着から10分は見ておきましょう


よくTwitterでみた入り口の看板をとってムフフ…
入場までまだ10分くらいあるなとちょっとウロウロ

入り口付近のエレベーターに、男性が5.6人程いたのだがのちに彼らはかるまるさんのスタッフだと知る(居酒屋さんの呼び込みだと持っていた…ごめんなさい)

少し時間より早くても、店内で待てたりするのかな、とエレベーター方面へ向かうと待ち構えていた男性陣に予約の時間を尋ねられてようやく状況把握(そして心の中で謝罪)

時間と名前を告げたら、予約済みイベントの札をササッと渡していただく

予約完了メールを見せると思っていたので、3件分の予約メールをうまく見せられるだろうか…と無駄な心配をしておりましたが(心配性)

名前と時間だけでスタッフさんがシュバババ!!っと対応してくれました

ほとんど埋まっている…

エレベーターで6階まで上がりまずは下駄箱へ入れます

37系統や26系統の番号は全滅しとりました!!(なんか嬉しい)

受付で宿泊の旨を伝えますと、下駄箱のガキと引き換えに館内精算用キーを受け取り館内の過ごし方や今日のお部屋番号なんかを教えてくださいます

館内精算用キーは6階の脱衣所用ロッカーキーになっていて
部屋番号=ロッカー番号になっていて分かりやすいです

私のかるまるライフのお供は君だ!!

456…ジゴロ‼︎
よろしくなジゴロ、いや、治五郎(和風)

受付すぐそばにある館内着の入った袋をピックアップしたら、精算キー…いや、治五郎と同じ番号のロッカーに荷物を入れ館内着に着替えます

今回はカプセルタイプのお部屋利用なのですが、部屋には鍵がかけられないので基本的にはこのロッカーに入れておくか、貴重品用ロッカーに預けることをお勧めしまする!

館内着は男性専用施設のものなのでゆったり目、胸元も開きやすいので、インナーとかあるといいかもしれません!

ブラ一枚や、素肌にそのまま羽織るとワーオ状態になります故、是非。

館内着に着替えたら、必要なお風呂セットを持って10階のお風呂エリアへ向かいます

館内着が入っていたバックに色々とまとめて行くとよきです^^
10階のロッカーは小さめなので、バックに入るくらいの荷物で行きましょう!

生まれたままの姿になったらいざ湯かん!!

これぞかるまる!!!

浴室に入ってすぐに、かるまるの象徴とも言える存在感抜群の蒸しサウナが視界に入ってきて小田和正状態(言葉にできない)

感動に小刻みに震えつつ、今日いらっしゃってるサウナ好きの皆さんに見られても恥ずかしくないように、いつも以上にしゃんとせねば!!

ということで、足に掛け湯をしたら洗い場に直行してお清めをば

洗い場にあるのはルシードエルのシャンプー、リンス、ボディソープ
そして女性向けにメイク落とし&フェイスウォッシュ

そうだよね、郷に入っては郷に従えだよね!
この日のためだけに女性用のシャンプー系揃えるの大変だもんね!!

潔くメンズ用でひとしきり身を清めた後で、ちゃんと女性用のシャンプー系用意してくださっていることにたまげるサヲトメ

こ、この日のためにここまでしてくださっているのですか⁉︎
月に一回有るかないかのイベントのために…有り難すぎる…‼︎

私はそのご好意を華麗にスルーして男性用でこざっぱりしてしまったけれども…ご配慮に感謝です!

まずはウロウロしてみるのである

初めての施設は立ち回りがよくわからないので、とりあえずウロウロすることから始めます

2階建構造になっていて、洗い場があるフロアを1階とすると手前から

  • 洗い場
  • 岩サウナ
  • ケロサウナ
  • 蒸しサウナ
  • サンダートルネード(超低音シングル水風呂)
  • やすらぎ(水風呂、25℃)
  • 炭酸泉&電気風呂(35℃)
  • 昇天(水風呂、33℃、ジェットバス) ここまでが1階にあります

蒸しサウナ横にあります階段を登って2階部分へ

  • 岩風呂(不感の湯、36℃)
  • マス風呂×3個(青森ヒバを利用した一人用枡形風呂、42℃)
  • 露天ジャグジー(40℃)
  • 薪サウナ
  • アクリルヴァント(水風呂、14℃) ここまで2階部分です

どちらの階にも休憩スペースは十分にありますので、場所がなくてオロオロすることはないと思います♪

今日は16時から鮭山未奈美さん(おしゃけちゃん)のアウフグースの予約を取ってあるのですよムフフ…

ということで16時までの30分でサウナを1セット行きましょう

私と一緒に擬似体験してください♪

マス風呂でしっかり温まる

かるまるHPより

まずはマス風呂でしっかり温まりますよ!

マス風呂はかるまるの中で1番温度の高いお湯です

青森ヒバという高級木材(ヒノキ)を使用している贅沢なお風呂を、これまた贅沢に一人で使うことができるのがこのマス風呂!

長方形の形をしており、足を伸ばして長座の姿勢で入れるのも贅沢っ…!

お湯に浸かりながら見えるのは、天窓越しの青空と岩風呂、手入れされたお庭、そして字幕モードのテレビ…

めちゃくちゃいいお天気だったんですよ、この日

綺麗な青空と、同じくサウナが好きな女性たちと、お風呂の音しか聞こえない空間…至福っ!!

視聴覚室!?な岩サウナ

しっかり暖まったら、階段を降りて岩サウナへ向かいますよ

扉を開けてすぐにサウナマットがわりのタオルがたくさん置いてあるので、1枚ピックアップして…

視線を上げると、岩サウナのビジュアルにびっくり!!

かるまるHPより

広い!!5段!?奥行きめっちゃある!!視聴覚室か!?

ちょっとした講義とかできちゃいそうな広さは圧巻
5段の階段は各5人ずつ座ったとしても25人座れちゃいます

びっくりしながら真ん中の真ん中に腰を下ろして、今後のポジショニングの参考にする作戦です

畳2枚分はありそうなストーブに、てんこ盛りのサウナストーン
その奥の壁にはスクリーンのようなものがありましたが、この日は何も映っていませんでした(やっぱり視聴覚室感…!)

左右の壁には丸くくり抜かれた窓があり、右側の窓からは柔らかな自然光が差し込んできます

湿度は体感ではそこまで高くないように感じます
しばらく入っていると上唇のフチがヒリヒリするくらいの湿度です

3、4分で腕に汗の玉ができ始めてきて、8分して出ようとする頃にはポタポタ音を立てて滴るほどしっかり汗が出ました!

シングル水風呂、サンダートルネード

かるまるHP

岩サウナを出て汗を流したら、本丸サンダートルネードへ!!

温度が1桁台の水風呂のことを、「シングル」「グルシン」なんて言うそうですが体験するのはこちらが初めて!

しかもこのサンダートルネード、
冷たいだけでは飽き足らず強烈なうねりで羽衣を容赦なく剥いでしまうというのです…

ちょっとドキドキしつつも入水!!

入ってすぐは、割とイケる!と思うのですが気のせいです(断言)

温度にどうにか耐えられたとしても、猛烈な水流がもう痛い!!
10秒くらいが限界です…

水流は何かに掴まってないと体勢を保てないほどの暴れん坊将軍です
うっかりしてると溺れます、そのくらいの強さ

北国ですすぎ洗いされてる洗濯物の気持ちってきっとこんな感じだワァ…

サンダートルネードが衝撃すぎて、お隣の水風呂「やすらぎ」を経由したかったけどひとまず落ち着気を取り戻すべく休憩します

休憩スペース、たくさんあります

どちらの階にも休憩スペース十分あります

デッキチェアも3つありますし、よく見るプラスチック製のイスも1階部分だけでも10脚くらいはありました

2階の露天エリアへつながる通路は、休憩できるベンチのようになっているのでどこかしらでお休みできましたので初回はこちらで!

最近、体育座りで休憩するのがお気に入りなんです
抱え込んだ膝に頭を預けると、ぐわんぐわんしてきて気持ちいいのです

時おり風が抜ける場所だったようで、心地いい風が吹くたびに至福…

お湯が流れる音と、タイマーの音、スタッフさんの声くらいしか聞こえない空間です

黙浴が見事に徹底されていて、こ、これぞ桃源郷!!と感動

自分の体に、呼吸に集中できる幸せ…来てよかったなぁ…(早)

おしゃけちゃんアウフグース

おしゃけちゃんのYouTube見てます、むふ

先日もホラン千秋さんとサバンナ高橋さんのラジオでおしゃけちゃんの話題が出てました!選曲の素晴らしいアウフギーサーだって♪

私は先日のゆいる以来、人生2階目のアウフグース!!
それが今をときめくおしゃけちゃんとは…めちゃくちゃ嬉しい♪

予約済みですが開始5分前には岩サウナ前に長蛇の列!!
びっくりして完全に出遅れる鈍臭いサヲトメ

先ほどと同じく真ん中くらいに座れました(ほっ)

生おしゃけちゃん‼︎思ったより小柄だけど腕の筋肉がすごいっ!
日々の鍛錬の賜物ですね…きゅん

楽しみにしていた選曲は、サ道シーズン2の放送を記念してサ道のBGMでした!(これ聞いただけでリラックスしちゃうよ…)

おしゃけちゃんがアロマ水を汲み上げ、ロウリュする所作…
指先から足の先まで、しなやかで美しく見惚れてしまいました

ゆっくりと部屋の湿度をあげて、初めはマイルドに風を送ってくれるおしゃけちゃん

首を回したり、肩甲骨のストレッチを促して、参加者をどんどん恍惚の表情へを変えてゆきます

タオル捌きもお見事、え!?そんなブーメランみたいになるの!?とか
その仰ぎ方でも風が出るの!?とか、目でも楽しませてくれます

最初はニコニコおしゃけちゃんを見てたんですが、段々とお部屋の温度が上がってきて最後までいられるかな…と思った頃合いで

おしゃけちゃんから命の冷水をプレゼントしてもらいました

ビニールテープ?で作ったヴィヒタのようなおしゃけ棒(勝手に命名)に
氷水をたっぷりと纏わせて、そのお水を参加者目掛けて振りかけてくれるんです

肌に当たるとしっかり冷たくて気持ちいい…!!

ちょっとした夢を見せてもらった後に、強めのアウフグースで熱風を受け取る!!オシャケチャンー!!ツヨイネオシャケチャンンンン!!!(壊)

足の指がジリジリしてきて干からびかけたタイミングで一旦終了、希望者にはおかわりアウフがあるのだそう

…ちょっと迷ったけど、大人しくこちらで退散しました

一週間前に手術され、前日に抜糸したばかりとは思えぬ力強さでした!
素敵な体験をさせてくれてありがとうございます!!

かるまるレディースデー、岩サウナとおしゃけアウフ編はいったんココまで♪
他サウナの感想や施設での過ごし方は次の記事でご紹介します!

読んでいただきありがとうございました^^

かるまるレディスデー 〜ケロ・蒸・薪サウナと過ごし方編〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA